SIGHtseeing

ゲームの話題が主でプレイしたゲームの感想記事や、ゲーム発売スケジュール、セール情報、最新ゲーム情報などを取り扱っています。

「LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶」発表について


www.youtube.com


www.youtube.com

 

昨晩7日23時からの公式放送にて、2018年12月13日に発売された「JUDGE EYES:死神の遺言」の続編である「LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶」の発売が発表されました。発売日は2021年9月24日(金)予定です。最近最新ハードへのリマスター移植があったりと動きがあり、続編が出るのではないかと予想していたのですが、実際に発表されとても嬉しいです。ジャッジアイズの発表の時もでしたが、初めての発表の時に発売がそう遠くない時期であることと、発売日がすでに決定しているというのはユーザーのモチベーションを発表から発売まで維持させますし、偉いと思います。

前作のジャッジアイズは発表された時はかなり色物扱いされていましたが、キムタクが主演という事でテレビでも多く取り上げられましたし、口コミも広がりやすかったのでプロモーションがうめぇ~と唸っていました。

そして実際にジャッジアイズが発売されると作品の圧倒的な完成度で驚かされました。正直ナンバリング新作の6(極2はリメイクなので除外)はシナリオ部分での不満点が多かったのでどうなるかなと思っていました。しかし、ジャッジアイズのシナリオライターがシリーズ随一のシナリオの面白さの0のライターの古田剛志氏がメインライターだったため、ある程度面白い事は予想してプレイしましたが、想像以上でしたね。木村拓哉演じる八神隆之が過去の出来事により弁護士を辞め、探偵として神室町で過ごしているのですが、そこで起こる事件を通して現在・過去に向き合って徐々に再起し、仲間を集めて成長していくという王道のストーリーとなっていますが、探偵物としての雰囲気がとてもよく活気がありつつも不穏な神室町で活躍するという、ノリは軽いがハードボイルドな探偵という匙加減が、木村拓哉にピッタリと合っていました。また従来のシリーズのヤクザとは違いあくまで堅気の探偵をメインに据えたことで、今までとは違う視点で神室町を眺められたり、新規ユーザーにも入りやすかったと思います。キャラ同士の掛け合いは軽妙でコミカルでありつつ、ストーリーは重厚で伏線が多く張られ、二転三転する展開と誰が敵なのか分からないスリリングさもあり、先がどんどん気になる推理サスペンス物として骨太なシナリオが味わえました。

今までのシリーズでは話の都合で時折キャラが訳わからん行動をする事も多かったのですが、本作はそれぞれ深く掘り下げられた魅力的なキャラが一人一人自分の信念に乗っ取って物語を動かす様子を丁寧に描いており、ストーリーテリングが非常に上手かったです。本作や本作の次に発売された龍が如く7では新主人公として春日一番視点で物語が描かれるのですが、これは英断だったと思います。中には桐生一馬じゃないと龍が如くではないという方もいますが、一応6で桐生一馬の物語は完結していますし、6では特に顕著だったのですが「桐生一馬」に囚われた結果のシナリオ展開の歪みが大きくなっている部分が散見したので、新主人公でシリーズを仕切りなおすのはとても良いと思います。

そして今作の魅力で外せないのが、あの"キムタク"を操作しているという高揚感です。正直キムタクが神室町を走ってるだけで、このゲームは最高に面白いのですが、様々なプレイスポットでキムタクが真剣に遊んでる姿は笑ってしまいますし、ストーリーでもキムタクだからこそバチバチに決まる主人公八神の演出は胸が熱くなります。主要人物は芸能人で固まっているのですが、八神の仲間である海藤、杉浦、東の3人はオリジナルキャラクターであり、ネームバリューのある芸能人に乗っかっているだけのゲームではない事は分かると思います。

正直前作は欠点という欠点は見当たらないくらいの完成度で近年でもトップクラスに入るアクションアドベンチャーのため万人に勧めたいゲームです。そして続編のロストジャッジメントですが放送を見る限り、前作からさらにパワーアップしており探索面でも崖つかまりアクションが追加されたり新たなロケーションとして横浜が追加されていることが確認できました。横浜は7の一部使いまわしだと思いますが、その他高校に潜入するシーンも確認出来ます。キムタクが高校の部活に参加してダンスをしたり、ボクシングをしたりするのを見て、それだけで絶対面白いじゃんと思いますし、シナリオも認知症の特効薬を巡った物語という現代らしい要素があった前作に勝るとも劣らない、いじめや少年法により裁く事の出来ない存在というシリアスな要素が見えて、脚本は継続して古田剛志氏という事もあり、単なる勧善懲悪では片付けられない物語が展開されそうです。それにしても源田法律事務所のさおりさんは続編でも相変わらず可愛いっすね‥‥。メガネは絶対外さないでほしい。

ロストジャッジメントが発表され、今年トップクラスの期待作に躍り出ましたが前作以上の面白さを見せて欲しいです。PS5等最新ハードでも発売するようですし、個人的に出来たらゲームはその時々の最新ハードでプレイして最高のゲーム体験を味わいたいので9月までにPS5手に入れたいですね‥‥。

前作にあたるジャッジアイズは新価格版として新品でも2000円しないという、もはや慈善事業をしているのでぜひプレイしてロストジャッジメントに備えましょう。