SIGHtseeing

ゲームの話題が主でプレイしたゲームの感想記事や、ゲーム発売スケジュール、セール情報、最新ゲーム情報などを取り扱っています。

2021年6月買う新刊漫画まとめ

もう発売されていて買った作品も含みます。

6月4日   

術廻戦 16巻

相変わらず面白い。常に緊張感のある展開で読者を振り回しつつ、手は離させないという漫画の上手さを感じる。ストーリーや設定は往年の人気漫画を取り入れているのが分かるが、上手く換骨奪胎しており自分の世界観に落とし込んでいるのも上手い。ただ作中の決まり事やルールが複雑なので少し離れると分かりづらくなってしまう。作者の芥見先生が休養を取ることが決まったためゆっくり休んで欲しい。

 

血界戦線 Back 2 Back 9巻

血界戦線の新刊です。内藤先生はトライガンの頃から大好きで出版されている全ての作品は持って読んでいます。派手で外連味の効いた絵作りや構図など相変わらず痺れるが、最近はトライガンや無印の頃と比べてもストーリーの進むテンポが遅くなっていると感じる。年1の新刊であまり話が進んでいないとヤキモキしてしまうが、10巻で一区切りつきそうなので来年が楽しみです。

 

6月8日

木曜日のフルット 9巻

アフタヌーンで天国大魔境も描かれている石黒正数先生のシリーズの新刊である。シリアス強めな天国大魔境と比べ、ゆるい雰囲気で進む本作です。今巻はコロナ禍についても描かれていますがギャグとの比率が非常にうまく、引っかからずに読めました。

6月9日

進撃の巨人 34巻(完)

ついに完結した傑作の最終巻です。連載初期は自分が逆張り野郎だったので読んでいなかったのですが、特にマーレ編からの展開に魅力を感じ読み始めた作品です。本当に社会現象になるのが納得なほど面白く、計34巻にも渡る物語を初連載で最初から最後までの構成と伏線をキッチリ作っていたのは感嘆するしかありません。まだ買えていないので読んでいませんが描き下ろし部分も楽しみです。

 

6月24日

Landreaall 37巻

おがきちか先生のシリーズ作品の新刊です。個人的におがきちか先生はとんでもなく面白い漫画を描かれる漫画家だと思っていて、短編だったらキッチリ構成も美しくまとめますし、Landreaallのような長編でも37巻も続いて物語が全く破綻しておらず、常に最高ランクの面白さを保っており本当に凄いと思います。私はファンタジーが好きな方なら全員にLandreaallを読んで欲しいと思っていますが、いかんせん30巻以上あるので、まずはエビアンワンダーから読んでおがきちか先生に入門してほしいです。

 

6月30日

らーめん再遊記 3巻

ラーメンハゲこと芹沢達也のキャッチ―なセリフばかりが取り沙汰されるシリーズですが、本当にこのラーメン発見伝・らーめん才遊記・らーめん再遊記からなるシリーズは手放しで面白いと思えるほどに完成度が高く、ただの料理系漫画では終わらずに、全ての創作物に共通する創作論を情熱的かつロジカルに描いており何回読んでも色褪せることはありません。同作者の銀平飯科帳は現在らーめん再遊記を連載するために休載中ですが、そちらも好きなので連載再開を待っています。そして河合単先生の素朴で可愛いながら表情が上手く表現されている絵柄がめちゃくちゃ好きなんです。