SIGHtseeing

ゲームの話題が主でプレイしたゲームの感想記事や、ゲーム発売スケジュール、セール情報、最新ゲーム情報などを取り扱っています。

7月9日State of Play感想

本日7月9日午前6時にプレイステーション系のゲーム情報配信番組State of Playが配信された。その中でも気になったものを紹介したい。


www.youtube.com

Moss BOOK II


www.youtube.com

PSVR向けのタイトルです。主人公のネズミクイルが冒険をするという話ですが、以前Play At Homeの一環で無料で配られていたためプレイしたのですが、面白かったので続編の今作にも期待したいです。クイルがちょこちょこ動くのが可愛いです。

 

フィスト 紅蓮城の闇


www.youtube.com

ディーゼルパンクの世界観でウサギが主人公の今作。奥行のある映像美とディーゼルパンクのゴチャゴチャガチャガチャしてて雑多な感じが良く出ている背景が特徴的ですが、ゲームとしては王道のメトロイドヴァニアっぽく見えます。メトロイドヴァニアは好きなジャンルであるため注目したいです。

 

Sifu


www.youtube.com

家族を殺された主人公が殺し屋への復讐をするという内容のゲームです。ステージ型のカンフーアクションバトルとの事であまりボリューム自体は無さそうですが、アクションの挙動が気持ちよさげなのと、主人公が倒れるたびに年を取っていくというシステムが印象的です。加齢していくというシステムは実質的にコンテニューに制限があるという意味でいいのかな。40~50代ならまだしも、倒れまくって80~90代になったらまともにバトル出来無さそうだし、年を取り過ぎると老衰で死んでしまうのでは。そういう事も気になるタイトルです。

 

「LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶」新映像


www.youtube.com

私が今年発売のゲームの中でも特に注目しているLOST JUDGMENTの新映像が公開されました。ほとんどは既存の映像ですが新たに族バイクでのレースなどのミニゲーム部分が見れます。キムタクが族バイクに乗るってだけで最高に面白い。龍が如くシリーズはメインストーリーはドシリアスで、ミニゲームやサブイベントはコミカルという振り幅にプレイヤーも振り回されるのが気持ちいいんですよね。


www.youtube.com

後、先日主題歌が発表になっていました。自分はボカロは結構聴く方ですが歌い手には一切興味がありません。それでも知っている"うっせぇわ"等のAdoさんと、最近シカバネーゼでも一緒にされていたjon-YAKITORYさんのコラボです。今回は横浜の高校が舞台の少年犯罪がテーマという事で高校を卒業したばかりのAdoさんの歌声が内容にも良く合っていると思います。

 

デス・ストランディング ディレクターズカット


www.youtube.com

デスストのディレクターズカット版が9月24日に発売決定しました。新たにストーリーが追加されていたり、配達を便利にしたりアクション面が強化されたりと新要素が結構あるようです。自分デスストは買って積んでいるのですがPS4版を持っている人は1100円でアップグレード出来るようで、良い機会なので今回やろうかなと思います。まぁまずPS5を手に入れるというメチャクチャデカいハードルがありますが‥‥‥

 

「DEATHLOOP」新映像


www.youtube.com

MS傘下のベセスダが新作をPSにも出してくれて嬉しいねぇ‥‥。本作は死亡するたびにリセットするループ物で何度も試行錯誤を行いショートカットルートを見つけたり、イベントを回収していって銃と超能力を駆使しながらクリアを目指すようです。近年のアクション系ループ物はOuter WildsやReturnal(面白いらしい)がありますが、決められた時間内で複数のタスクをこなしつつクリアを目指すという感覚は何となくライトニングリターンズの匂いも感じます。この開発スタジオのディスオナードシリーズは好きだったので今作にも期待したいです。

 

という事で以上が気になったタイトルでした。

正直あまり番組があることが話題になっていないですし、State of Playをわざわざ見るのはだいぶゲームが好きな人という印象があります。比べるものでは無いと思いますが、例えば同じゲーム情報配信番組でも任天堂ニンテンドーダイレクトよりも、配信前から何が発表されるのだろう‥‥というワクワク感が薄いですし、情報配信自体がエンタメとして面白いというものではなく、State of Play(進捗報告という意味)だからといってトレイラー映像(トレイラーや発表されるゲーム自体は素晴らしい)を繋ぎ合わせて流すだけというのはあまり面白みがありません。そうなると番組を見る人が少なくなってくるでしょうし、そうなると発表されたタイトルをゲーム系WEBメディアで確認するだけという人や、そもそもそういったメディアを見ない方は発表されたタイトルを知りえない人も出てくると思われるため、どういう風にプロモーションしていきたいのだろうと思う時があります。昔と比べSIE自身がプロモーション番組を配信してくれるというのはかなり良いですが、自分のところのIPをどう見せたいかみたいなのがいまいちよく分からないです。ですが発表されたタイトルは期待できるものが多かったので、これからも情報を見ていきたいと思います。