SIGHtseeing

ゲームの話題が主でプレイしたゲームの感想記事や、ゲーム発売スケジュール、セール情報、最新ゲーム情報などを取り扱っています。

Indie World Showcase 8.11.2021感想


www.youtube.com

日本時間だと本日夜中の1時に海外向けにIndie Worldの新しい配信があった。その中でも気になったものを紹介していきたい。紹介していないものもあるので、気になる方は映像かIndie World日本公式ツイッターを見るなどしてください。

 いくら何でもジェットセットラジオすぎん?スタッフが共通なのかと思ったら精神的続編みたいで、ジェットセットラジオシリーズの音楽を担当されていた長沼英樹さんが本作に楽曲提供しているようですがスタッフは違うみたいです。個人的にマリオストーリーに対するBug Fables程度にオリジナリティがあればオマージュいいねと思えるのですが、ここまで似せているとマジ?と思う気持ちが先行してしまいますね。

 

カメラを構えて撮っていくというゲームは、スイッチでは最近ポケモンスナップやウムランギジェネレーション等がありましたが、本作はモノクロの画で旅をしながら写真を撮っていくというスタイルで良いな~と思いました。

 

 少し前に話題になっていたLoop Heroはスイッチに来るだろうと思って待っていましたが、思ったより早く来ましたね。

究極の「ループもの」がゲームで現れた!『Loop Hero』がシステムもストーリーも深すぎてすごい (denfaminicogamer.jp)

ゲームの紹介はこの電ファミの記事を読んでいただきたいのですが、望んだ結末を得るためにループを繰り返すという形式はADVでは腐るほど見てきましたが、ローグライクタワーディフェンスというシステムは斬新だと思いました。ループモノでプレイヤーにループを実感させるにはこういった直接プレイする感覚が必要だと考えているので発売が楽しみです。

 

 3Dビジュアルノベル『ネクロバリスタ』は、「Fate/ stay night」と「コーヒー」を混ぜて生み出された。開発者インタビュー | AUTOMATON (automaton-media.com)

『ネクロバリスタ』を、同作に影響を与えた『ファタモルガーナの館』開発者がレビュー。ジャンルの新境地を開いた「静と動」の表現 | AUTOMATON (automaton-media.com)

まずは上記の2つの記事を見て欲しい。ネクロバリスタFate/stay nightやファタモルガーナの館・沙耶の唄などに影響を受けて製作されたそうで、オートマトンではなんとファタモルガーナの館の製作者縹けいかさんによる本作のレビューもある。

それってもう俺のためのゲームかよ(は?)影響を受けたゲームとして自分の好きなゲームを挙げられるとチョロくなってしまうのがオタクの性(さが)だが、これらはもう自分の心に"近すぎる"作品達なのでネクロバリスタを買おうと思うのは当然の話なんですよね。作品自体もネクロマンサー×バリスタという非常に気になる題材ですし。

 しかし今まではこの悲痛なツイート(?)をしてしまうほどコンソール版の予定は発表されつつもPC・スマホ向けにしかリリースされていなかったため、コンソール版は頓挫したのかと思っていたら、朝起きてIndie Worldどうなったかなとチェックしたら急に配信されて笑った。ありがとね。

 

 本日配信です。恋愛ゲーム×ローグライクゲームという珍しいジャンルです。公式ページを見る限り様々なジェンダーをカバーしているという事です。最近ではHADESもそうでしたが、こういったローグライクに濃いストーリーを付けることによりゲームへの没入を増加させる手法は上手いと思います。

 

本日配信作品です。前作を寡聞にして知らなかったのですが、メトロイドヴァニアの傑作ということでメトロイドヴァニアと聞くと何でも買ってしまうオタクなので、今作と合わせて2作買わせていただきます。

 

これも本日配信で前作を知らなかったのですが、2の方が遊びやすくなっているとのことで2を買いたいと思います。 SAN値を管理しながら進める探索型TRPGローグライクゲームという事で気になりますね。

 


www.youtube.com

ついにEastwardの発売日が決まりました。2年前のIndie Worldで見てからずっと気になっていたので、無事発売できそうで良かったです。上海に拠点を置くディベロッパーPixpilが3人から始まって現在12人の小規模で開発しているそうですが、この緻密なグラフィックを12人とは言え6年で完成させるのは凄すぎる。発売日を楽しみに待ちたいです。

 

以上で今回のIndie World Showcaseで気になったタイトルの紹介は終わりですが、近日発売予定の気になるインディーゲームも紹介したい。

What Comes After ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)

本作はコーヒートークの作者モハメド・ファーミ氏とRage in Peaceを制作したRolliing Glory Jamが共同で制作した短編横スクロールアドベンチャーということです。スイッチでもコーヒートークは配信中ですねコーヒートーク ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)

私はコーヒートークはプレイ済みでとても面白かったので今作も期待しています。

 

パラダイスキラー ダウンロード版 | My Nintendo Store(マイニンテンドーストア)

パラダイスキラーはビジュアルも良いですし、オープンワールド型推理ゲームということで非常に気になっています。海外では高い評価ということでゲーム自体の出来は良いだろうと思っていますが、アクションゲームと違いテキスト依存のゲームスタイルのため、きちんとしたローカライズがされているかだけが心配ですね‥‥

 

今日さっそくネクロバリスタ・Boyfriend Dungeon・Axiom Verge1/2・Curious Expedition 2をダウンロードしました。