SIGHtseeing

ゲームの話題が主でプレイしたゲームの感想記事や、ゲーム発売スケジュール、セール情報、最新ゲーム情報などを取り扱っています。

2022年7月発売で買う予定のゲーム紹介

7月7日

風のクロノア1&2アンコール


www.youtube.com

本作は1997年に発売された風のクロノアと、2001年に発売された風のクロノア2の二つを合わせたリマスター作品である。そして、バンダイナムコが最近展開しているアンコールシリーズの一環となる。

2作とも20年以上前の作品ですが非常に根強い人気の作品で復活は嬉しい。本作の売上次第では次の展開に繋がると思うので売れて欲しいなと思う。

 

大分・別府ミステリー案内 歪んだ竹灯篭


www.youtube.com

本作はハッピーミールによって開発、フライハイワークスによって販売される。2019年「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠」、2020年「秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花」に続くミステリー案内シリーズ第3弾となる。

キャラクターデザインは引き続き漫画家の荒井清和氏が担当されている。ファミコンのADVをリスペクトされておりそれに準じるUIとシステム・グラフィックで現代の事件を描いている。各地域の観光促進的な側面もあり、今回は別府という事でどういう事件なのか気になる。

 

 

7月19日

Stray


www.youtube.com

一匹の猫となり、サイバーパンクな街からの脱出を目指すアドベンチャーゲーム。まだ詳しいゲームシステムは分からないが雰囲気が良い。

先日一新されたPSプラスのプレミアム以上のプランだと発売日にそのままPSプラス入りし遊ぶことができる。いわゆるデイワン配信されるとの事である。Strayのようなデイワン配信が増えるとPSプラスプレミアム以上への移行者が増えそうだなと思う。

 

 

7月22日

ライブ・ア・ライブ


www.youtube.com

本作は1994年に発売されたライブ・ア・ライブを、オクトパストラベラー・トライアングルストラテジーで用いられたHD-2Dの技術でリメイクした作品である。シナリオはオムニバス形式で、異なる世界で展開される7つの話を進めていく。

今後発売予定のドラクエ3といいドット絵の名作をHD-2Dでリメイクする流れが来ているが個人的に非常に良いと感じている。HD-2Dを活用して往年の名作にもう一度光を当てて欲しいなと思う。

 

 

7月28日

アノニマス・コード


www.youtube.com

2015年に開発が発表され今まで延期が続いていたが、ついに7年越しに発売される。主人公の「セーブ&ロード」能力を活かして物語を進めていくシステムが特徴である。この設定はいわゆる一般的なADVにおいて、プレイヤーが物語の分岐を埋めるためにセーブ&ロードを繰り返している事のメタであると考える。それを活かすシナリオという事でどういう展開になるのか非常に楽しみである。

 

LOST EPIC


www.youtube.com

Steamのアーリーアクセス版が好評であるLOST EPICのSteam正式版、PS4/PS5版が7月28日にリリースされる。LOST EPICを開発したワンオアエイトは2015年にEARTH WARSをリリースされている。硬派でダークな雰囲気だったEARTH WARSとは打って変わりポップでキャッチ―な分かりやすいビジュアルになっていると感じる。

 

デジモンサヴァイブ


www.youtube.com

2018年に発表され今まで延期を繰り返してきたが遂に発売される。小説の蠅の王をモチーフにしたと開発者は語っており、アニメのデジモンアドベンチャー等と比べ非常にシリアスな物語が展開されるとのこと。

ジャンルはオーソドックスなADV+SRPGである。主人公の選択により物語の分岐や、デジモンの進化先が変わるという事で周回プレイが楽しめそうな作品である。

 

蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト鎖環(ギブス)


www.youtube.com

本作はインティ・クリエイツが2014年より展開している蒼き雷霆ガンヴォルトシリーズの最新作となる。時系列では2016年発売の「蒼き雷霆ガンヴォルト爪」の後ということ。近年はライバルキャラのアキュラが主人公のifストーリー「白き鋼鉄のX」シリーズが2作続きましたがここで本編シリーズが再開された。非常に演出が凝っており、爽快に進められるシステムの工夫があるシリーズであり最新作も楽しみである。

 

グリムグリモア OnceMore


www.youtube.com

グリムグリモアは2007年にヴァニラウェアが開発し、日本一ソフトウェアより発売されたPS2用ゲームソフトである。ジャンルはリアルタイムストラテジーであり、ヴァニラウェア社長の神谷氏もインタビューで十三機兵防衛圏はグリムグリモアの精神的後継作品と語られたように、崩壊編の元になったと考えられる。

グリムグリモア自体も良いゲームであるため、現在スイッチで十三機兵防衛圏が発売され、非常に好評であるこの機会にグリムグリモアにも手を伸ばしてほしいなと思う。

 

 

7月29日

ゼノブレイド3


www.youtube.com

本作は2010年より続くゼノブレイドシリーズの最新作で、1・2の直接の続編である。非常にボリュームのあるシリーズであり、公開された情報を見ると本作もそうであるだろうと思う。

PVを見る限り2のシステムをブラッシュアップさせたように見えるが、2のUIの見にくさやチュートリアルの不親切さ、ゲーム全体のテンポの悪さ、フィールドスキル周り等のシステム面は劣悪だったためその点は改善されている事を祈りたい。