SIGHtseeing

ゲームの話題が主でプレイしたゲームの感想記事や、ゲーム発売スケジュール、セール情報、最新ゲーム情報などを取り扱っています。

ディオフィールドクロニクル発売日決定


www.youtube.com

The DioField Chronicle(ディオフィールド クロニクル) | SQUARE ENIX (square-enix.com)

sigh-xyz.hatenablog.com

SRPG好きとして3月10日のState of Playで発表されてから情報を追っていたスクウェアエニックスが送る新作SRPG「ディオフィールドクロニクル」の発売日が9月22日に決定した。開発は世界樹の迷宮1~2の開発や、最近ではフリューの委託開発が多いランカースである。販売プラットフォームはSteam/Nintendo Switch/PS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|Sと幅広い。

 

あらすじ

「神話の時代が終焉を迎えた混迷の時代。 人の世は騒乱に塗れ、 幾星霜に渡って戦乱に明け暮れていた。 その最中、後の世に語り継がれる傭兵団が誕生する。 その名はブルーフォックス。 彼らが行き着く先は悲願か、それとも悲劇か。」

 

システム面は、兵科と言われるそれぞれのキャラクターが属するクラスが存在する。「歩兵」、「騎兵」、「狙撃兵」、「魔術兵」の4種類があり、歩兵はタンク、騎兵は攪乱、狙撃兵は遠距離攻撃、魔術兵は味方のサポートといった役割があり、その特徴を活かして戦術を組み立てていく。

バトルはリアルタイムで進行する。その時々で適切な指示を出して、状況が変わる盤面をいかに乗り切るかというのが重要となる。ムービー等を見る限り、例として挙げるとグローランサーのバトルシステムと近似であると考える。

また、敵を撃破することで得られる「TPゲージ」を消費して、広範囲に大ダメージを与えるバハムート等を召喚できる「魔煌玉」と言われる特殊アイテムが存在し、使用すると状況をひっくり返すことも可能とのこと。

バトル以外では拠点も存在し、3Dマップを自由に散策でき、武器の購入・開発、兵科の強化、部隊の編成なども可能である。

8月10日には本作の体験版が配信予定のため気になる方はプレイをお勧めする。