SIGHtseeing

ゲームの話題が主でプレイしたゲームの感想記事や、ゲーム発売スケジュール、セール情報、最新ゲーム情報などを取り扱っています。

個人的2021年上半期ゲームランキングトップ5

第5位 モンスターハンターライズ


www.youtube.com

sigh-xyz.hatenablog.com

ファーストインプレッションで書いた記事はこちら。ここから50時間くらいプレイしたが、とにかく面白いですね。4以来のモンハンという事で新鮮味があったのも確かですが、フォロワーと一緒に狩りに行ったり、全然知らない人と狩りに行ったりと友人が少ない自分でも遜色なく遊べたのと、本作は難易度が低めという事ですが、久しぶり過ぎてほぼ初心者な自分にとっては徐々に狩りの感覚が取り戻せたのもあって難易度の上がり方は個人的には良かったです。これからもコンテンツが増えていくという事でまだ判断は出来ませんが、現状楽しめたので5位です。

 

第4位 NieR Replicant ver.1.22474487139...


www.youtube.com

ニーアレプリカントは、「もしかして俺のために作られたゲーム?」と思うほど、自分の琴線とガッチリ合っていて個人的オールタイムベストゲームの上位に毎回入るくらい好きなので、アップデート版が発売されたのはとても嬉しいです。今回はPS3版からキャラクターモデリングがガラッと変わっており、元々のキャラクターデザインに近いのは本作の方なのですが違和感がありました。BGMのアレンジが思ってたより強かったり、声優が変わっていたり、声優が同じでも再収録でニュアンスが変わっているシーンも結構あり最初は戸惑ってしまいました。しかしプレイしている内に慣れてきましたし、アクション面が改善されておりプレイしていて気持ちよかったです。追加シナリオ・エンディングも元の世界観を決して壊すようなものでは無かったので安心しました。個人的には最高のゲームなのですが、さすがにほぼ既知のゲームのため4位です。

 

第3位 バディミッション BOND


www.youtube.com


www.youtube.com

任天堂×コーエーテクモゲームス(ルビーパーティー)のADVゲームです。正直これは初報が出た段階で、面白いだろうなと確信していました。理由としては最近の任天堂×コーエーテクモはアタリしかないですし、少し映像を見ただけで、コミック調の演出や、カット挿入が大量にあったり、ADVとしては破格のリッチな作りをしていたからです。実際にプレイしてみてADVとして傑作であり自分のアンテナは間違って無かったと思いました。重くシリアスでありながら熱く爽やかで後味が良いストーリーや、キャラクターは丁寧すぎるほどに掘り下げられるし、本編以外にもサブエピソード等で小話が見れたりと30~40時間はかかるほどの大ボリュームだったが、ダレることなく最後までキッチリまとめて終わったのは称賛です。ただ潜入パートのQTEだけはもう少し何とかしてほしかったですね‥‥。

 

第2位 ジャックジャンヌ


www.youtube.com


www.youtube.com

東京喰種の石田スイ先生が設定・キャラデザ・スチル・シナリオ全部担当しているというとんでもない労力がかかったゲームです。私は何度も記事で書いている通り、演劇や舞台などを題材にした作品が大好きなのですが、このジャックジャンヌはバッチリ当てはまりました。主人公が女であることを隠し歌劇学校に通うというあらすじですが、この歌劇学校での生活や練習シーンが豊富なセリフで丁寧に描かれると同時に舞台についてをスポ根ノリとシリアスの緩急を上手くつけて爽やかな群像劇で面白かったです。楽曲もどれも素晴らしいですし、石田スイ先生の姉の十和田シン先生が書くノベライズ「ジャックジャンヌ ―夏劇―」も素晴らしいです。

 

第1位 カリギュラ2


www.youtube.com

sigh-xyz.hatenablog.com

 27日にクリア感想記事を書きました。カリギュラ2本当に面白すぎて未だに引きずっています。とにかくこういうゲームを俺はしたかったんだよと思うほどに自分に刺さりました。現在今年1位であり、今年発売予定のゲームでカリギュラ2を抜く可能性があるのは真・女神転生Ⅴくらいだと今考えています。それくらい良く出来たゲームです。2からでも入れるのでぜひ皆さんプレイしてみてください。